学科紹介

教育・研究の特長

半世紀を超える伝統、そして多彩なOB・OG。

機械科学・航空学科には、1944年設立の専門部航空機科を祖とする「早稲田機械工学のDNA」が脈々と流れています。授業をはじめ教員や先輩のプロフェッショナルな言動から、研究や人生に役立つ事柄を数多く学べます。また、OB・OGは多彩な分野で活躍中で、広範な人的ネットワークを多彩な場面で活かすことができます。


教育・研究環境は、日本最高レベル。

学部・大学院の一貫教育を基本軸に、学部ではあらゆる応用研究の礎となる基礎教育を充実。授業の担当教員には世界的研究者が揃い、学びの刺激にはこと欠きません。他学部・他学科の科目も積極的に履修でき、理系の枠にとどまらない豊かな教養を育めます。卒業後の大学院では、充実した施設・設備で自らの研究テーマに取り組めます。


ANA、JAXA、エアバスなど、時代の最前線との提携。

ANAグループとの提携に基づき、航空機の運用・整備に関する技術などが提供されています。JAXA(宇宙航空研究開発機構)と包括協定を締結し、研究・人材の交流を活発に行っています。また、エアバスによる寄付講座やインターンシップなど、国際色豊かで時代の最前線に触れられる機会が整備されています。